プロフィール


団長 生駒 元


  当団は、2008年に徳島県で開催された国民文化祭(おどる国文祭)の成果を継承・発展させよう、また、徳島交響楽団創設以来の事業目標の一つであった「後継者の育成」を実現させようと発足しました。発足以来、指導者である徳島交響楽団員の熱心な指導を基に、東京交響楽団やとくしま記念オーケストラによるスキルアップ事業や、文化立県とくしま推進事業の助成もいただき、プロの演奏家による指導も取り入れてまいりました。また練習会場には、徳島県教育会の多大なご支援のもと、教育会館を利用することでパート練習を多く取り入れるなど、練習内容を充実させています。
  2009年9月には、時任康文先生指揮による第12回徳島県民文化祭オープニングフェスティバル「もっとみんなでクラシック」、2010年10月には、世界的な指揮者である秋山和慶先生指揮による第13回徳島県民文化祭スペシャルコンサート「もっと身近にクラシック」、また2013年には、徳島交響楽団との共催で「5周年記念コンサート」(あわぎんホール)を、田久保裕一先生をお迎えして開催いたしました。これらの大きな演奏の場を持つことで、すばらしい活動を継続し、着実に力をつけています。
  
また、2010年から2013年は「地域に根ざした、地域からの音楽文化の発信」を目的に、フジグラン北島にてミニコンサートも開催しました。2015年からは「学校訪問コンサート」を企画し、小学校を中心に学校にて演奏の場をいただいて、地域に根差した活動を展開しています。
  今後は、団員の技術をさらに高めていくとともに、当団の活動をさらに幅広く知っていただけるように地域貢献活動も進めていきたいと考えています。
  団員構成は、小学生から高校生までの幅広い年齢層や、初心者も含むなどジュニアオーケストラ独特の特徴を持っていますが、それぞれが、より質の高い演奏を目指し取り組んでいます。


役 員

団長
 生駒 元
音楽監督
 木戸 洋子
事務局長
 斎藤 純
局員  川口 由美子
 豊田 勝
 三浦 沙保理
 福田 晶子
 大屋 敦子
 東   史明
 三木 征子